ちょびひげ不動産屋のひとりごと

これから不動産投資を考えている方へ
心構え・志(こころざし)・理念などをお話ししています。

目的は?

お金(不動産・その他資産)を貯め込むことが[目的ではない!]のです。

良い生活をするのが[目的!]なのです。

 

目標は、金額を幾ら?貯めるのか?

【例えば、500万円貯める!】というのが【目標】です!

貯蓄したお金を不動産に投資して

収入を増加させ【良い生活する!】のが目的です!

 

当然利益に対して課税されますから納税します。

 

それ(良い生活)が出来てから

財産(お金・不動産・その他資産)を次世代に渡すのか?

お子様とお孫さんの能力を見極めながら

教育・指導・育成しつつ各々の才覚に合った形にして

資産を継承して貰うのが宜しいのではないでしょうか?

| ちょびひげの独り言 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
不動産購入と税金

事業継続(不動産貸付)の為に、

水揚げ(家賃収入)を増やし

利益を計上(事業税を支払い)して

金融機関から資金の借入する事で

不動産という資産を購入し

借入金の返済をしながら

資産の増加形成に協力して下さる不動産会社、

顧問税理士さんに払うべきものを払わなければ

確かにお金は残りますが【たっぷり相続税は支払う】のです。

 

不動産貸付けという事業を継続し

資産を増加させながら

登録免許税、不動産取得税、固定資産税、

事業税、消費税等の税金を払い、

価値の高くなった土地・建物(法人の場合は株)の評価を

どの様に圧縮記帳し次世代に渡すのか?

子供には、どの様な形

(不動産・現金・有価証券・書画・骨董)にして渡すのか?

孫は、どんな形態が持ちやすいのか?

| ちょびひげの独り言 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
知恵が働かない!

国税・地方税にかかわらず

納税は国民の義務ですから当然払うのです。

 

税(国税・地方税含む)の支払いは少しにして

事業継続に協力してくれている不動産会社、そのスタッフ、

税理士の先生にしみったれ

手数料、管理費、顧問料は支払いが渋くて残したのに、

消費税・固定資産税・相続税は確り取られて

『しょうがないよね!』ですから

[知恵が働かない!]

と思われてもしょうがないですね!

| ちょびひげの独り言 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
目標と目的

若い人《弊社オーナー会・社長会のメンバー》に

申しあげている事!

 

貯めたお金を頭金にして

銀座にビルを所有する! 

ことが[目標]です。

 

ビルの活用・管理・運用利益で良い生活する!

こちらが[目的]です!

と何時も言います!

 

 

お金を貯めることが目的で

お金を持っていることが満足だから(嬉しいから)

相続が発生すると

見事に「税務署」に手刀(てがたな)切られて

予想していないほど高額な相続税を

支払わされるオーナー様が

あまりに多いのです。

 

相続税の評価の大半が

被相続人(お亡くなりになられた方)名義の土地・建物

あるいは法人の有価証券の査定評価価格ですが

現金を貯め込み過ぎた人(被相続人)から

貰う相続人は『しょうがないよね!』

と言いながら故人が所有していた資産を売却して払います。

国税庁長官や財務大臣が支払った相続人に、感謝!して

[有難うございます!]

と言ってくれるのでしょうか?

| ちょびひげの独り言 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
資産継承の考え方

偉い「ママ」でなくても良いのです。

立派な「ばあば」でなくても構いません。

良い「おばあちゃん」になって頂きたいと思います。

では、どのような人でしょうか?

 

心住まいの良い人になる事を望みます。

心の貧しい人にだけはならないで頂きたいのです。

心の浅ましい人にはならないでください!

他人様の所有しているものを奪い取るような事をしない人!

他人の生活を羨ましいと思わない人!

 

人は人!我は我!

贅沢は「素敵!」ですね。

贅沢しなくても、普通の生活が叶うなら、

それはそれで充分でないでしょうか?

 

お金持ちになりたい!

そのお金は、何に使いますか?

まず、

お金を貯めるのは目標(幾ら貯めるのか?)があります。

貯めたお金を何に使うのか!

使う目的(良い生活をする)を決めます!

| ちょびひげの独り言 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
このページの先頭へ