ちょびひげ不動産屋のひとりごと

これから不動産投資を考えている方へ
心構え・志(こころざし)・理念などをお話ししています。

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
不動産の収益物件

不動産の収益物件買って儲けてから自宅購入する。

住まいは持ち家、仕事場は賃貸。持ち家と会社の融資は別物。

自社ビルだから金融機関の評価が上がる?そんな事はない!

個人で保有して会社に貸す(会社の財務は軽いほうが良い)。

会社で買わなければ、賃貸と同じ(軽いB/S)。

この考え方については別の考え方もあります。

何?自分と妻の給料で住宅ローンを35年払う?

メシが不味くなるからそういう話はやめて!

| お金儲け | 07:00 | - | - | - | -
マスター(師匠)は必要?不要?

マスター(師匠)は必要?不要?

良い上司・同僚・周りの方々全て「我以外皆わが師」と思い常に感謝を忘れない。

勝つ気のない人をこちらの力で勝たせる事は出来ない。

達成した経験、評価された経験、一番になった経験がある人は強い。

自分に合うメンターを選ぶ。(学校選びと同じ)

毎日、日経新聞を読み、本を読み、実業家を目指すと決める。

消費税100%になっても楽々生活出来る能力を身に付ける。

                                                                                                                                                         

| お金儲け | 07:00 | - | - | - | -
事業が行き詰まると

事業が行き詰まると家族も味方でなくなります。

個人自営業や法人の小規模事業で、妻が経理事務をしていると=「将来の売上げに対する先行投資」を認めてくれなくなります。

領収証を見ると金の使い方(先行投資・運転資金・交際費の意味を理解しないので)に「イライラ」します。したがって売上は先細りになり取引減少するのでひっそり廃業。

小規模事業の男は「ダメ男」にならないよう、妻の「愚痴」に耐える事。

もしこの状況を打破するなら、ご自分は従業員と「チーム」を組んで週2回の休みを確保!

気持ちに余裕のある仕事と生活をする。

事業が行き詰まる前は売上があり資金も回っていたはず。

要はお金を払えなくなったのは、お金を払って先行投資しないので水揚げが伸びず先細りするという悪循環に落ちたからです。

どうしてでしょうか?

気づかい、人づかい、金づかいがへた!

気が利かない、人と親睦がない、投資しないからおのずと結果は見えてくる。

| お金儲け | 09:00 | - | - | - | -
なぜ二代目、三代目になると会社を回せなくなるのか?

なぜ二代目、三代目になると会社を回せなくなるのか?

創業者より思考する能力・地頭が弱い!よって水揚げが取れない!

創業者より金を回す能力が低い!設備資金、運転資金を借りてこれない!

創業者よりとにかく行動してない!看板、地盤を生かして働いてない!

職場と自宅を近づけて家族全員で仕事し、社長に加勢する事。

事業・商売ともに業績が良くても悪くてもいつもお金が足りない事を皆が理解する。

創業者の身内に後継者(ご自身)がいるだけマシ。

社員さん達に好かれたければ「作業員」として共に働け。

社長の仕事は「新規顧客」の獲得。

必ず顧客償却となる。(償却とは減る事)

お客様や取引先はお星様になり、引越しし、廃業し、飽きられる。

常時、広告を打ち続ける。これも金遣いの上手さ!

「テレビ、新聞、雑誌、チラシ」全て投資!

 

 

 

 

| お金儲け | 07:00 | - | - | - | -
事業で1割しか生き残れない本当の理由

事業で1割しか生き残れない本当の理由は「経営」になる前に潰れるからだ。

要は事業計画がない。

社長、幹部  つぶれる会社はここに人がいない。

事業計画を作成出来る人がいないという事。

売上高3億円、原価1億円、粗利2憶円が出来る人は広告、採用、教育も出来るので何をやらせても出来る。

要は勝負に勝ってきた人。

知人の若き社長(40代前半)は「この頃よく遊ぶようになったら会社の利益が伸びてきた」と言うようになりました。

社長・幹部・作業員  このランクの中で

経営の意思、決定は社長と幹部。

緊急時以外は幹部中心に動く会社作りをする。

この型を作り上げるまでに時間がかかります。

| お金儲け | 07:00 | - | - | - | -
「生き様」を自分自身が考える

・中小零細企業は毎日問題を1つ解決し、積み重ねる。

・仮想ライバル&片思いメンターに食われるか食われないで済むか?

・出来る人は「将来の売上(事業計画)」の組み立て方を知っている。

・業績を上げる人は優秀な人材が「時間を作ってくれる」事を知っている!

・商売上手は自由な時間を「作る」事が上手い!

・家族、従業員、取引先と友好関係を構築し維持する。

小才は縁に会って縁に気づかず

中才は縁に気づいて縁を生かせず

大才は袖触れ合う縁をも生かす

仕事でまだ消耗してるの?「生き様」を自分自身が考える。

| お金儲け | 07:00 | - | - | - | -
頑張って仕事してるのにお金が稼げない人、貯まらない人

頑張って仕事してるのにお金が稼げない人、貯まらない人はお金の流れてくる所に行ってザルですくうという作業をすればお金は入って来るけど、その場所がどこかが分からない。

時代の流れがどこへ向かうのか方向もわからない。

当然、お金がどこからどこへ流れているかもわからない。

お金を喜んで使う人のそばに立っていればよいが、そこがわからない。

けど、立っていれば人が集まってくる場所へ行き仕事する事です。

一緒にお金もついてくる。

そしてお金がまとわりつく。

その場所(仕事場)に通い続けると物事が良く見えるようになります。

自分の出来る事と出来ない事を見極められれば、まず行動→失敗→反省→検討→行動の繰り返し!

場所とは「仕事」

流れてくるとは「成長産業」

肌着を身に付けない人はいないでしょうが、男性は「裸」、女性は「腰巻」というご時世ではないです。

では何を身に付けていますか?

コロナ渦で男性・女性ともにスーツは売れません。

では皆さん「裸」ですか?

| お金儲け | 07:00 | - | - | - | -
商売・事業を起業する目標・目的は何?

1、商売・事業を起業する目標・目的は何?→決める事。

\い涼罎鯲匹する為に働き(社会の役に立つ)、

誰の為に働き(家族、従業員の生活)、

正当な評価を受け取る。(お金を頂く)

 

2、敵を作らない事は無駄な時間を取られないので運も良くなる。(取り巻きの人も良くなる。)

 

3、水揚げを増やす事に時間を使いその仕組みをつくる。(事業計画)

 

4、自分の能力を磨き強み、価値を上げる。(継続する)

 

5、ストレスを含め心身を鍛えメンタルアップする。(ポジティブ志向)

 

いずれ成果が出る時期が来るが、生存中に成果を得られるか?

後世の人が成就するのか?

今、この時点では誰もわからない。

それでも行動しなければ、何もしない事と同じだ。

| お金儲け | 07:00 | - | - | - | -
第151回 お金儲けについて

昨年12月に昔当社で10年程管理していた物件(店舗)の

借主のご夫婦がお見えになり

その時には早く(中古でよいから自宅)購入しなさいよ

と私は言っていたそうです。

そのお客様は賃貸マンションに家賃13万支払い

店舗の賃料に10万支払っていました。

車のお仕事をしていましたから

ガレージを直してそこを作業場にして仕事はできたのです。

公共料金と保険料2か所で30万近く払っていたのですから

仮にローンを組んで毎月元金25万円ずつ支払っていれば

年間300万 15年で4500万円支払う訳ですから

今ではとっくに終ってゆうゆう自適な生活になっていたと思います。

あの時に社長の言う通り買っておけばよかった と

しみじみ申しておりました。

 

こちらとしては出来ると思うから申しております。

家賃支払っている人は収入があって

税務署に税金を支払っていればローンは組めますから

がんばってやってみるべきです。

銀行に行く前から うちなんてダメですよ〜 では話になりません。

まず自分がどれだけ借りられるのか?

自分を知る事が大切です。

頭金がないなら貯める事です。

収入が少ないならどのように売上げを上げるか考える事で

すぐにアクションします。

売上げを上げなければ生活できません。

| お金儲け | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
第150回 お金儲けについて(くりっく365)

豪ドルのくりっく365で証券会社の営業マンが来ました。

お話では損は少ないうちに損切りし利益はちょっと大きくとの事でしたが

私は限りなく「博打」に近い投資はしませんのでお帰り頂きました。

 

私は底位の株式が上昇するのを先回りして投資するやり方で

儲かれば何でもやるという考えではないので、私には向きません。

当社の方針は

お客様に何が何でも賃貸住宅を貸す、土地・建物を売買させるというのではなく

お客様にとって何が一番良いかと一緒に考えて決める事にしております。

儲けの為なら何でもあり ではありません。

 

今年も参加しますが、昨年の研修の先生で昨年56才になった男性の方は

不動産会社で営業マンをしていたそうで

バブルの頃は20才代前半の頃でしたので

何でも売る 何が何でも売る で営業した為

約半年後に購入したお客様がローンが払えなくなり

後年、あの時に購入しないでもう少しお金が出来てからにすれば良かった。

早く購入してもらえればよいわけではなく

そのお客様にとって何がベストか、ダメならベターな事は何なのか

を考えて差し上げればよかったとお話しておりました。

 

全くその通りなのです。

 

 

| お金儲け | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
このページの先頭へ